なごテツ世話人&ファンのつぶやき

「なごテツ」の世話人およびファン倶楽部のメンバーによる個人的なつぶやきブログ。なお、ここに書かれているのはあくまでも個人の意見で、「なごテツ」の意見ではありません。

● なごテツからのお知らせ ● ←ここをクリック!


起きて半畳 寝て一畳

「起きて半畳 寝て一畳」という言葉があります。「人間一人が占める広さは、起きているときで半畳、寝るときで一畳あれば十分」という教えなのだそうです。

言われてみればそうかなあという気がしますが、実際、そうなんです。私たち夫婦は、仕事の関係で1ヶ月のうち10日前後をハイエースの荷室で過ごしています。ハイエースの荷室スペースは、幅が約150cm、縦が約3m。このなかで大人ふたりが生活するわけですから、一人あたりのスペースはその半分。一畳のサイズ(約182cm x 91cm)より少し広めではありますが、棚やキッチンの面積を差し引いて考えるとだいたい同じぐらいだと思います。

今もハイエースの中でこの文章を書いていますが、特に狭いとは感じません。冷蔵庫や食器棚、キッチン、ベッド、仕事用デスクなどが効率よく配置されているので、あまり不自由もありません。必要なものがすべて手の届く範囲にあるので、むしろ自宅より便利だとさえ感じます。

先日、ちょっとした事件がありました。旅先で夫が微熱を出してしまい、車のなかで療養しなければならなくなったのです。私たちは、シャワーやトイレ、ランドリー類の設備が整ったRVパークという施設を予約し、そこに4泊5日滞在しました。すぐ近くにコンビニやドラッグストアがあるので、生活する上で不便はありません。夫の具合がよくなるまで、安心してここで過ごせばいいと思っていました。

ところが3日を過ぎたあたりから、少し雲行きが怪しくなってきました。前日から大雨が続いていたことも影響したのでしょう。車の荷室で寝続ける夫の姿を眺めていたとき、私の気分が下降していることに気づきました。「このまま熱が下がらなかったらどうしよう」「ひどい病気だったらどうしよう」「私は運転できないから、家に戻れないかもしれない」なんてことを、グルグル考えていたんです(夫の病状がさほど悪くなかったにも関わらず、です)。このとき、ふと『暇と退屈の倫理学』(國分功一郎)に書かれていたことを思い出しました。一部を引用します。

必要なものが十分にあれば、人はたしかに生きてはいける。しかし、必要なものが十分あるとは、必要なものが必要な分しかないということでもある。十分は十二分ではないからだ。

國分さんは、このあと「必要なものが必要な分しかない状態は、リスクが極めて大きい」と書いていました。このとき、人は豊かさを感じることはできない。つまり、「人が豊かに生きるためには、贅沢がなければならない」というのです。

では、贅沢とはなにか? たとえば、節約のために外食を控えていたとします。「外食しなくたって生きていけるじゃない」と言われればその通りなのですが、たまには好きなお店で美味しい料理を食べたいと思うもの。國分さんは、これを「生活に豊かさをもたらす浪費=贅沢」と言います。

話を戻しましょう。私は生活するのに何も不自由がない場所に車を停めて、そこで数日を過ごしました。実際、生きていくのに困ったりはしませんでしたが、気分は下降し、よくない思考に走るようになりました。このとき、私に足りなかった「贅沢」はなんだったのでしょうか。その答えは、翌朝、車のドアを開けたときにわかりました。

その日はとてもいい天気で、太陽の光がまぶしいほどでした。大雨をもたらした雨雲は、夜の間に移動したようです。外に出て見上げると、青空が広がっていました。そのとき「ああ」と気づきました。「私に足りなかったのは、外だった」と。

「起きて半畳 寝て一畳」。私にとって、生活するスペースはこれだけで十分だと思っていました。しかし実際はそうではなく、さらに「ドアを開けば外に出られる」という条件が満たされる必要があったようです。外というスペースは、生活に必要なものではありません。しかし私にとっては、小さく縮こまった体を思う存分伸ばせる場所であり、(もしやりたければ)ダンスを踊れる場所であり、もしかするとその土地の人と軽い挨拶が交わせる場所でもあります。

もし外のスペースがなければ、「起きて半畳 寝て一畳」の部屋はただの牢獄です。牢獄は移動を制限するものであり、人間にとってはそれがとても辛いということが、同著にも書かれていました。そのつらさこそ、ここ数年のコロナ禍で私たちが味わった感情に似ているような気がします。とすると、「不要不急」の外出は不要ではなかったのかもしれません。
(真)

編集部よりお知らせ:5月27日「希望とは」特設ページ(コメント募集)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/C/ChambreBenie/20230408/20230408145840.png

5月27日の哲学カフェのテーマは「希望とは」でした。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

カフェで話題に上ったトピック

  • 希望は、あかるい兆し、解放 絶望は暗い、閉塞
  • 希望という言葉が使えるのは、使う人にとって、不確定の時
  • 進路希望とはいうが、進路欲望とは言わない 良い欲望が希望?
  • 欲望の街という言葉と希望の街という言葉の違い
  • 希望というスローガンにはマイナスのニュアンスが含まれることがる
  • 自分で実現しようという夢と他の人がいる希望の違い
  • 感情的希望と客観的希望

進行役のコメント

最後に希望と期待についての発言があり、しっかりと考えてみたいと思いました

心を壊す

 或るウクライナの少女が空爆に襲われるようになって密かに誓ったことがある。「もう感情は持たないようにしよう」
 悲しいが生き抜くためであろう。恐怖心だけでなく、怒りや喜び、楽しいなどあらゆる感情という感情は封印されてしまった。
 日本でも、ひとりの元死刑囚が生きてゆく為に結果として正気を失ってしまった。袴田さんのことである。拘禁反応といわれるが、生き延びるためには通常の精神では乗り切ることが出来なかったのだろう。
 監獄の中いつ刑が執行されるかというという恐怖から解放された今もなお、彼のこころは闇に魅入られたままである。
 こころに加えられたストレスがたとえ完全に取り払われたとしても、(敢えてこう呼ぶが)精神の病は当人を苛み続けるものだ。
 戦争が終結し生命の安全が、自由が確保されたとしても、あの少女のこころには感情が戻らないのではないかという危惧がある。こころを壊してまでも生き抜いた、その褒章が精神の病だというのでは何のために生き抜いたのか分からない。
 どうか僕の懸念が単なる杞憂でありますように。

(i3)

目にうつるものとは

哲学カフェのテーマを決めた理由について、世話人以外の方とはあまり話したことがありません。当日話すと参加者への誘導になってしまうので、なごテツとしては避けてきました。そして哲学カフェが終わればテーマの選定理由について語る必要はなくなるので、あまり触れることはありませんでした。
そんなテーマについて、今回は開催前に言葉にまとめてみたいと思います。

【目にうつるものとは?】
目に青葉 山ほととぎす 初鰹
見えているのは青葉のはずですが、なぜでしょう?
ホトトギスの声や初鰹も思い浮かべた方が
鮮やかなみどりを想像できる気がします
私たちは目の前のものだけを見ているのでしょうか?

以前、【目に見えないものとは?】というテーマで開催したことはあります。人によってはピンとくるかもしれませんが、「本当に大切な物は目に見えない」サン=テグジュペリが書いた「星の王子様」に登場する名言から引用させてもらいました。
前回のテーマの裏側が「大切なものとは?」だったとするならば、今回は「本当に視ているのか?」という、少し意地悪な、情報と認識の関係です。

目の前に葉の茂った木があるとしても、意識して見ない人の方が多いでしょう。新緑のシーズンなので「ああ、綺麗だな」と思う、あるいは季節を感じる人もいるのかと思います。しかし事前に俳人・山口素堂の句を目にすると、新緑の青葉に目が行く人は増えるのではないでしょうか。これは頭の中の情報に青葉を関連付けることで、目にうつるものは同じでも、意識にのぼる優先順位が変化したのではないのか? 本当にわたしたちは目の前のことを見ているのか、じつは情報を追認しているにすぎないのではないか。そんなことを考えてテーマに選びました。

それならば「情報と認識」というテーマでもよいのでは?と考える人もいるかもしれません、しかし具体的な言葉を選ぶと専門的な言葉の力が強くなります。「認知機能とは、視野と網膜と視神経が脳のどの部位で処理されるのか」などの専門的な見解からの発言を、「初ガツオにからしをのせるのがこの時期の楽しみ」とか「ホトトギスの声はなんて聞こえているのか」、「若葉は美味しそう」、「わたしは自分の目で見たものしか信じない」等の意見と対等にしたい。それならば言葉を少しずらし、曖昧にするのがよさそうですが、やりすぎると「ずらしすぎで意味が通じない」と言われてしまう。どのあたりがバランスがよいのだろうかと悩むものの、結局わたしは、参加者が自分の言葉で発言しやすそうな曖昧な表現を好んでいるようです。

さて、今回はどんな展開になるのやら。テーマがテーマだけに「目がかすむ」、「老眼」、「乱視」、「メガネ」の話題になった時の許容範囲をどうするか。視力が弱い人の比率が高い集団なので、視力の話題は盛り上がりすぎそうで怖い。新聞の容疑者の写真はなぜイメージに合うものが多いのか。サン・ラファエルで提供されるコーヒーは実はレベルがかなり高いが、その理由を聞いた場合、味の感じ方に変化はあるのか。マスクをしていると年齢がわからないが、外すとイメージが変わった。コロナ以前と以後で見方がかわったものとは…などと考えてはみるが、結局はいつもどおり予想外の方向にいくのだろうと思考を諦める。発言が停滞し過ぎた際に投入する言葉を考えつつ、あとは参加者の目にうつっているものに流れを任せてみたいと思います。

今回は停滞対策に、「右を向きたがる矢印」という存在を現地に持って行ってみたいと思います。
使わなくても盛り上がってくれればよいのですが、やっぱり自慢したいとも考えてしまう。
機会はなく懇親会でお披露目した、などとなってくれるのでしょうか。

(からす)

わかることはできるのか

f:id:mica:20230519121347j:image

人は、いつも全てのことを完璧に理解したり、判断したりできるわけではない。どれだけ書物を読もうと考えようと、世界のすべてをわかったとはいえない。

また、なにかを知覚するときも、いくらでも勘違い、認識違いをする。個人の性格や価値観のバイアス、体調、その時々の環境が知覚を歪ませる。

思考や表現に使われる言葉にもゆらぎがあり(文学的には必要だが)、情報の伝達や理解という意味では100%正確なツールではない。

そんな不完全な理解力、知覚の持ち主であるにもかかわらず、人はなぜか自分は正しいという前提に立ってしまいがちなように思う(心身の安定のためには、当然ではあるが)。世間に諍いや揉め事が絶えない原因のひとつは、このためではないかという気がしている。

人を疑うのと同程度とまではいわないが、自分を疑うという視点もあったほうがいいのではないか。そうすることで、他者の視点も知ることができ、新しい場所へ思考を広げることができる。

真理は自分が見出すしかないが、自分の見える場所にあるとはかぎらない。自分の限界を自覚しておくこと。少しでも何かをわかるためには、このことが大切なように感じている。

(MK)